空き家管理条例。。

現在、台風接近中につき事務所で待機してます。空き家管理舎です。

松江市は31日、増え続ける空き家対策のための「空き家管理条例案」を発表した。安全で良好な景観、住環境を確保するのが目的で、管理義務に違反した場合は罰則も課す。市によると、同様の条例施行は中国地方では初めて。9月定例市議会(7日開会)に提案し、可決されれば10月1日から施行される。罰則適用は来年4月1日。
 同市によると、少子高齢化や人口減少の影響で、市内でも空き家は急増。03年は8090軒と推計されていたが、08年は1万2090軒と5年間で4000軒も増え、空き家率は14・9%(全国平均13・1%)となった。これに伴い、管理されていない空き家に関する苦情も増加。市民生活相談課「伺います係」には、「ネコが住み着いて繁殖している」「家が壊れそうで危険」などの苦情が09、10年の2年間で計41件も寄せられている。
 条例案では、「空き家を廃棄物の不当投棄場所にさせない」「老朽化で倒壊の恐れがあってはいけない」など、9項目の管理義務を設定。違反者には指導や勧告をし、中心市街地に限り措置命令も行う。それに従わなければ5万円以下の罰金も課す。
 同市建築指導課の今津光男課長は「空き家問題の解決には、地域の連携や信頼関係が重要。管理の徹底を促すだけでなく、空き家を生かした魅力あるまちづくり、まちなかの居住促進につなげたい」と話す。市は10月から公民館など回り、住民対象の説明会を開く予定。毎日新聞より

いろんな自治体が空き家問題に頭を悩ませています。

これからこんな空き家の管理条例がたくさん施行されるでしょうね。

コメント

コメントする





CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)